現代人の角膜ケア研究室とは

サイト趣旨活動目的

  • 人類史上最も目を酷使している現代人。生活環境の変化で、急速に進む目の酷使の結果、大切な角膜を傷つけるリスクが生じています。角膜の傷は生活の質を落とすだけでなく更なる疾病にもつながる可能性があります。
  • 当サイトでは、角膜の構造~角膜の傷がもたらす影響/角膜をケアする方法について、医師監修のもとヘルスリテラシーを高める正しい情報とともにお届けし、角膜の健康を守り生活の質を高めるために役立つ情報を発信してゆきます。

監修医師一覧

東邦大学医療センター
大森病院眼科 教授
診療部長
堀 裕一 先生
堀先生お写真 堀先生お写真
専門分野

角膜疾患やドライアイ、角膜移植、オキュラーサーフェス(角結膜上皮と涙液)を専門に研究を行う。

経歴

1995年大阪大学医学部卒業、大阪大学医学部眼科学教室入局。2001年米国ハーバード大スケペンス眼研究所研究員。06年大阪大学医学部眼科助手(助教)、09年東邦大学医療センター佐倉病院眼科講師、11年東邦大学医療センター佐倉病院眼科准教授、14年東邦大学医療センター大森病院眼科教授。現在に至る。

杏林大学医学部 眼科学 教授
日本角膜学会 理事長
日本コンタクトレンズ学会 理事
山田 昌和 教授
山田昌和先生お写真 山田昌和先生お写真
専門分野

角膜疾患 ドライアイ
ドライアイなどの角膜疾患を対象にして涙液や角膜試料の生化学的分析を行い、疾患や病態のバイオマーカーの探索を行っている。

経歴

1986年慶應義塾大学医学部眼科研修医、専修医。93年 米国Duke大学アイセンター研究員。95年慶應義塾大学眼科助手。97年慶應義塾大学眼科専任講師。2003年国立病院機構東京医療センター感覚器センター部長。13年杏林大学医学部眼科学教授。現職に至る。

順天堂大学医学部
附属静岡病院 眼科
土至田 宏 先任准教授
土至田宏先生お写真 土至田宏先生お写真
専門分野

角膜・結膜疾患、眼薬理学、コンタクトレンズ、ドライアイ

経歴

1992年聖マリアンナ医科大学卒業、 98年順天堂大学大学院修了、98年米国ルイジアナ州立大学眼科リサーチフェロー、2002年順天堂大学医学部眼科助手、04年順天堂大学医学部眼科臨床講師、06年順天堂大学医学部眼科准教授。14年順天堂大学医学部附属静岡病院 眼科 先任准教授。現在に至る。